PET用関連装置:PETプリフォームネック結晶化装置

口部結晶化で、耐熱仕様を達成

プリフォーム口部を結晶化することによって密度を高くし、
70℃以上の耐熱性を持たせることを実現させた結晶化装置です。

用途

PETプリフォームネックの結晶化

PETプリフォームネックの結晶化の必要性

一般的に PET樹脂は、70℃以上の温度雰囲気で軟化を始めます。この軟化温度を、PETにおけるTG(ガラス転移点温度)と呼んでいます。仮にPET製品(ボトル)が70℃以上の雰囲気下に置かれた場合、軟化して寸法収縮が始まり、 同時に形状の変形が発生します。

近年特に果汁飲料、ウーロン茶、コーヒー飲料及び乳酸系統の飲料などが、市場の需要拡大をしています。 しかし、こうした飲料のほとんどが85℃以上の高温度でPETボトルへ充填され、充填ラインコンベヤー上でキャッピングされた後、ボトルを反転させている時間内に、内容液の品温で、口内部の減菌が行われます。

このため、PETのネック部分はこうした高温度雰囲気条件に耐えなければなりません。 通常、PETプリフォームのネックは、射出成形で形成された非結晶状態となっているので、70℃以上の耐熱性はありません。したがって、こうした高温度充填では、寸法の収縮や形状の変形が発生し、マイクロリーケージと呼ばれる微少漏洩容器となり、致命的欠陥を起こすことになります。

しかし、PETは結晶化することで、(局部的に密度を高くする)耐熱性が出るという特性を持っています。 非晶質(Amorphous)「結晶化していない」PETの密度は1.335g/cm3ですが、結晶化を進行させる事によ り、さらに高い密度:1.365から1.380g/cm3(結晶化度で25~39%)にすることで、耐熱性を得る事ができます。

PETプリフォームのネック部分の結晶化度を進行させ、耐熱性仕様にする装置、これが当社で 開発したシステムです。

装置の特徴

  • 1. プリフォーム装填・取り出し部は、連続作動し、損傷を与えないように新しいアイデアを装置に取込みました。
  • 2. ヒーターユニット部は、従来のものと異なり、当社オリジナル設計です。省電力(他社比較30%以上)で、しかも、効率の良い反射板とで構成されています。
  • 3. 従来のプリフォーム成形ラインレイアウトにも、柔軟に対応できる、システムです。
  • 4. 結晶化境界位置精度を高めるために、当社独自の冷却器(伝熱遮断)を採用しています。
  • 5. コアーはプリフォーム支持部分と断熱部分で構成されており、寸法精度、結晶化度結晶化境界位置などの品質精度を高めるために当社の技術が、集約されています。
  • 6. ヒーターユニット、冷却器は簡単に着脱ができます。
  • 7. ヒーターはSCR制御により、ヒーター寿命が高まります。
  • 8. 制御盤はタッチパネル方式。操作パネル表示で、簡単でスピーディに警報を含め条件設定やシステム稼動ができるようになっています。
  • 9. システムの設置面積が最小となるように設計されています。

ページトップへ